高校野球

21世紀枠歴代出場校~その後の活躍!21世紀枠出身のプロ野球選手!~

21世紀枠からセンバツに出場し、プロ野球選手になったのは7名!どのような活躍をしているか?22年度のプロ野球開幕前の成績をご紹介

目次をクリックして興味のある年度をご覧ください。

ドラフト2011年以降

2021年度ドラフト

前田銀治

21年:三島南(静岡)楽天(ドラフト3位)

三拍子揃った右のスラッガー!今後の活躍に期待!

福島蓮

21年:八戸西(青森)日ハム(ドラフト育1位)

長身右腕!線が細いが角度のあるストレートは魅力。育成次第で大化けも!

2020年度ドラフト

伊藤優輔

14年:小山台(東京)→中央大学→三菱パワー→巨人(ドラフト4位)

即戦力が期待されたがトミー・ジョン手術!育成から再起をかける。

2014年度ドラフト

横山雄(引退)

11年:山形中央(山形)→新日鐵住金鹿島→阪神(ドラフト1位)

21世紀枠出場校の初

ドラフト1位。

ドラフト後の第1回21U野球ワールドカップ日本代表として出場。10イニングで20奪三振と結果を残すが、プロではケガに悩まされ2020年引退!

通算3勝2敗

2012年度ドラフト

小川泰弘

08年:成章(愛知)→創価大学→ヤクルト(ドラフト2位)

21世紀枠出場校の初

新人王

通称は「ライアン小川」。プロ通算:84勝65敗(2021終了時点)

ドラフト2001年~2010年

2004年度ドラフト

木村正太(引退)

04年:一関第一(岩手)→巨人(ドラフト5位)

ダルビッシュ有や佐藤剛士とともに「東北ビッグ3」と呼ばれた逸材。ファームでは結果を出すもケガの影響で2011年引退。

2002年度ドラフト

池田剛基(引退)

02年:鵡川(北海道)日本ハム(ドラフト7位)

21世紀枠出場校の初

ドラフト指名選手

ケガの影響で2005年に引退。球団職員等を経て、2020年から足寄高校の監督。

酔っ払いの「つぶやき」

夢託

21年度は2名も指名されました!期待しちゃいますよね!

完読!ありがとうございます!


ブログ村に参加しています 応援(クリック)をお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村