高校野球

埼玉県大会の展望 / 2024年夏の高校野球

本命は春夏県内無敗の「花咲徳栄」、「昌平」が3度目の正直でリベンジを果たすか?。

「山村学園」、「浦和学院」、「春日部共栄」などの強豪私立もチャンスあり。

今回は、埼玉県の「2024年夏の甲子園」代表校を予想しました。

夢託ブログ画像
【2024年夏の甲子園】49代表校予想 展望・本命一覧各2校(本命・対抗)までとして49代表校予想しました。 長くなりますので、興味のある地区を目次から選択してご覧ください。...

第106回高校野球選手権 埼玉大会(2024年)

概要

日程

抽選会:6/18(火)
試 合:7/11(木)〜7/28(日)

会場

開会式、準決勝以降の試合は、県営大宮公園野球場

参加チーム

142チーム(157校)/昨年対比-3チーム(+1校)

シード校
Aシード

花咲徳栄、昌平

Bシード

山村学園、春日部共栄

Cシード

立教新座、熊谷商、西武台、埼玉栄

Dシード

叡明、西武文理、川越工、川越西、川越東、浦和学院、農大三、上尾

秋・春の結果

23年
秋季
24年
春季
花咲徳栄優勝花咲徳栄
昌平準優昌平
浦和学院
山村学園
4強山村学園
春日部共栄
坂戸
上尾
埼玉栄
聖望学園
8強立教新座
熊谷商
西武台
埼玉栄

予想と展望

優勝校予想

本命

花咲徳栄(20%)

秋春と県内無敗の花咲徳栄。U18一次選考された石塚選手、主将の生田目選手らを中心に春は5試合で58得点。関東大会でも怪我の石塚選手に代わって4番を任された横山選手が2本塁打と攻撃力は全国でもトップクラス。

投手陣は、最速148キロエース右腕の上原投手、長身右腕の岡山投手、左腕の額川投手今井投手ら層が厚い。

2019年以来の甲子園なるか!?

対抗

昌平(15%)

県内での敗戦は「花咲徳栄のみ」。花咲徳栄アレルギーにかかってしまったか?だが、関東大会では秋春1勝を挙げ、関東大会での敗戦は1点差ゲーム。一皮むけると全国でも頂点を目指せそうな雰囲気がある。

エース左腕の石井投手に加え、右腕の佐藤投手鈴木投手や左腕の古賀投手山根選手と投手層が厚い。打線も、山根選手や、2年生の櫻井選手はパンチ力があり、勝負強い園田選手ら打力もある。

浦和学院 ≧ 山村学園 ≧ 春日部共栄

選手層では「浦和学院」、エース力で「山村学園」、想いの「春日部共栄

浦和学院(10%)

昨夏有初校だが、春は16強止まりでDシードとなった。

投手陣は右の鈴木投手に、2年生左腕の岡部投手も台頭。山崎投手山浦投手の右腕も控える。

打線も三井選手月山選手、2年生の西田選手石田選手と甲子園経験者。選手層の厚さは2校に劣らない。

山村学園(9%)

2年時からエースだった左腕の西川投手が大黒柱。春季は花咲徳栄相手に敗れたものの10奪三振を奪う力投だった。夏の連戦を勝ち抜くには、他の投手が西川投手をどれだけ負担を減らせるか?

打線は昨年から主軸を担う横田選手田中選手らが勝負強い。

春日部共栄(8%)

本多監督が「最後の夏」になる春日部共栄。右腕の保坂投手、左腕の大野投手らが粘り強く投げられるか。打線も平尾選手髙田選手らに長打力もある。今夏は特別な想いもあるが後押しするか?

その他38%

西武台」は右腕の大竹、左腕の2枚看板が安定感があり、「熊谷商」は投打の柱の中村選手に注目。

春季は昌平にタイブレークの末に敗れた「埼玉栄」も侮れない。エースの和泉投手は2年生だが1年時からマウンドを経験し経験値は問題なし。リードする倉田捕手は県内屈指の強肩強打の捕手。

大宮東」の冨士投手はプロ注目左腕。「聖望学園」は左腕の向深沢投手、パワーにスピードも備える中村選手と投打の柱あり。

秋春予選敗退している「浦和実業」も総合力は高い。最後の夏に波乱を起こすか?

上記以外の高校を含めて一波乱を起こせそうな高校が他の都道府県より多い。

展望

「A:花咲徳栄」-「C:西武台」ブロック

シード校の敗退

2回戦 北本 2-0 川越西

高校名
夏の成績
23年
秋季
24年
春季
A花咲徳栄
16強以上
優勝
優勝
本庄第一
3回戦敗退
予選
1-9上尾
予選
9-11松山
D川越西
初戦敗退
予選
0-2ふじみ野
3回戦
5-12埼玉栄
滑川総合
16強以上
予選
5-8秀明英光
予選
3-5本庄東
D叡明
16強以上
2回戦
0-9上尾
3回戦
5-6熊谷商
市立川越
3回戦敗退
予選
2-12川越東
1回戦
4-5川越工
川口青陵
4回戦敗退
予選
7-8大宮南
予選
2-10立教新座
C西武台
16強以上
3回戦
4-9上尾
ベスト8
2-4春日部共
秀明英光
2回戦敗退
2回戦
5-10坂戸
1回戦
4-6川口
大宮南予選
0-8浦和学院
予選
2-9与野

「B:山村学園」-「C:埼玉栄」ブロック

シード校の敗退

3回戦 聖望学園 8-0 川越東
4回戦 川口市立 5-4 埼玉栄

高校名
夏の成績
23年
秋季
24年
春季
C埼玉栄
4回戦敗退
ベスト8
3-6山村学園
ベスト8
4-5昌平
川口市立
16強以上
予選
2-7細田学園
2回戦
2-9西武台
D東農大三
16強以上
3回戦
4-8埼玉栄
3回戦
2-15花咲徳栄
鷲宮
4回戦敗退
予選
1-4宮代
予選
3-5白岡
D川越東
3回戦敗退
2回戦
4-7聖望学園
3回戦
2-5昌平
聖望学園
16強以上
ベスト8
5-12花咲徳栄
2回戦
3-4熊谷商
武南
4回戦敗退
2回戦
5-11東農大三
2回戦
1-5浦和学院
B山村学園
16強以上
ベスト4
5-8花咲徳栄
ベスト4
4-8花咲徳栄
越谷南
2回戦敗退
予選
8-9春日部
予選
3-8久喜北陽
坂戸
3回戦敗退
ベスト8
1-11昌平
2回戦
2-11春日部共
大宮東
4回戦敗退
3回戦
1-2聖望学園
予選
0-2慶應志木

「A:昌平」-「C:西武台」ブロック

シード校の敗退

2回戦 武蔵越生 1-0 熊谷商

高校名23年
秋季
24年
春季
A昌平
16強以上
準優勝
5-8花咲徳栄
準優勝
6-20花咲徳栄
細田学園
4回戦敗退
3回戦
1-9浦和学院
1回戦
6-7慶應志木
D上尾
16強以上
ベスト8
0-8浦和学院
3回戦
2-4立教新座
慶應志木
4回戦敗退
予選
2-12南陵
2回戦
4-11川越東
D川越工
16強以上
予選
3-6埼玉平成
3回戦
2-9春日部共
山村国際
3回戦
1回戦
0-4武蔵越生
2回戦
3-9西武文理
C熊谷商
初戦敗退
予選
2-3松山
ベスト8
1-4花咲徳栄
狭山ヶ丘
4回戦敗退
1回戦
4-6大宮北
1回戦
0-5西武台

「B:春日部共栄」-「C:立教新座」ブロック

シード校の敗退

3回戦 不動岡 11-8 西武文理

高校名23年
秋季
24年
春季
C立教新座
16強以上
3回戦
11-12坂戸
ベスト8
0-10山村学園
D浦和学院
16強以上
ベスト4
3-6 昌平
3回戦
1-2西武台
正智深谷
2回戦敗退
2回戦
1-3早大本庄
2回戦
0-6昌平
国際学院
2回戦敗退
1回戦
3-6春日部
1回戦
3-4立教新座
狭山清陵
1回戦敗退
予選
5-9山村国際
予選
0-2 川越西
D西武文理
3回戦
3回戦
1-17花咲徳栄
3回戦
0-7山村学園
B春日部共栄
16強以上
1回戦
5-6正智深谷
ベスト4
2-4昌平
浦和実業
4回戦敗退
予選
0-1大宮東
予選
4-7川口市立

各媒体の予測と展望

昨秋、今春の県大会を制した花咲徳栄が、一歩リードする。打線は、長打力のある石塚や生田目を中心に切れ目がない。春の県大会では「送りバントなし」の方針で5試合58得点。投手陣もエース上原が関東大会初戦で5回参考記録ながらノーヒットノーランを達成するなど、安定感が増した。

追うのは昌平。投手層が厚く、タイプの異なる左右がそろう。春の県大会では計9人が登板した。打線も中軸の山根、桜井に力がある。

昨夏の甲子園に出場した浦和学院や、春の県大会でともに4強の山村学園春日部共栄も上位進出を狙う。

バーチャル高校野球

【埼玉】強打の花咲徳栄は、昨秋から県内公式戦無敗。2年連続出場を狙う浦和学院、春夏初の甲子園出場を目指す昌平が迫る。

読売新聞

秋春王者・花咲徳栄中心に
経験豊富な実力校が虎視眈々

ベースボールマガジン

強打の花咲徳栄が投手も整備
悲願の初優勝狙う昌平が追う

◎花咲徳栄 ○昌平 △山村学園

報知高校野球

強力打線を擁する花咲徳栄が本命
強打に能力の高い昌平浦和学院
山村学園ら強豪私学がチャンスを窺う

花咲徳栄 昌平 浦和学院

ホームラン

夢託ブログ画像
【2024年夏の甲子園】49代表校予想 展望・本命一覧各2校(本命・対抗)までとして49代表校予想しました。 長くなりますので、興味のある地区を目次から選択してご覧ください。...

完読!ありがとうございます!

皆さんはどの高校が、「夏の甲子園代表校」になると予想していますか?

ブログ村に参加しています 応援(クリック)をお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です