高校野球

西東京大会の展望 / 2024年夏の高校野球

本命は「東海大菅生」だが、僅差で「創価」。

「日大鶴ヶ丘」、「國學院久我山」、「早稲田実業」が反対ブロックから頂点を目指す。

ノーシードの「日大三」、「日大ニ」の日大勢が波乱を起こすか?

今回は、西東京の「2024年夏の甲子園」代表校を予想しました。

夢託ブログ画像
【2024年夏の甲子園】49代表校予想 展望・本命一覧各2校(本命・対抗)までとして49代表校予想しました。 長くなりますので、興味のある地区を目次から選択してご覧ください。...

第106回高校野球選手権  西 東京大会(2024年)

概要

日程

抽選会:6/15(土)
試 合:7/7(日)〜7/28(日)

会場

開会式、準決勝以降の試合は、明治神宮球場

参加チーム

124チーム(131校)/昨年対比-1チーム(+1校)

シード校
第1、2シード

東海大菅生、日大鶴ヶ丘

第3シード

創価、國學院久我山

第4シード

国士館、早稲田実業、佼成学園、錦城

東京大会の秋・春の結果

23年
秋季
24年
春季
関東一優勝帝京
創価準優東海大菅生
早稲田実業
日大二
4強明大中野
日大鶴ヶ丘
東海大菅生
日大鶴ヶ丘

二松学舎大附
早大学院
8強修徳
創価
國學院久我山

日大豊山
高校名に黄色マーカは西東京の高校

西東京の予想と展望

優勝校予想

本命

東海大菅生(25%)5回戦敗退

甲子園を経験している宮本投手や春に台頭してきた小島投手、更に2年生左腕の上原投手、右腕の川崎投手と投手陣が揃っている。だが、春季の敗戦した常総学院、帝京は共に9回逆転負けと継投に課題を残した。

打線はリードオフマンの阪野選手小上防選手高西選手らクリーンナップが勝負強い。

対抗

創価(20%)

右腕の土居投手、左腕の森山投手の2枚看板が安定している。

打線も出塁率が高い大久保選手に長打力がある高橋選手らを中心に得点能力は高い。昨年秋に堀内新監督に代わりと準優勝、春は東海大菅生に4-3で敗れ8強だったが、17年ぶりの甲子園に向けて団結している。

日大鶴ヶ丘 > 國學院久我山 ≧ 早稲田実業

本命(東海大菅生)、対抗(創価)とは反対側に入った私立3校が虎視眈々。

日大鶴ケ丘(15%)4回戦敗退

2年生の済投手小林投手が台頭。打線は、1年時からレギュラーだった俊足の小針選手や長打力のある小原選手ら昨夏準優勝を経験している選手も多くリベンジに燃えている

國學院久我山(10%)

秋季は予選で敗退したが、矢野選手原選手ら上位打線は強力。春季は5試合で47得点と打力で8強まで勝ち上がりシードを勝ち取った。投手陣も2年生の内田投手柳本投手が台頭。

早稲田実業(9%)

打力では早実もトップクラスの破壊力。リードオフマンの宇野選手は木製バットで本塁打を連発。石原選手高崎選手を中心としたクリーンナップも強力。投手陣をどれだけ整備できているか?

その他の高校(21%)

展望

東海大菅生国士舘のブロック

第一シードの「東海大菅生」は準々決勝までは頭一つ抜けているか?完全ノーマークでした「拓大一」!

第4シードの「国士館」側は混戦か?「国士館」は深谷投手や左腕の泉投手や吉田投手ら投手陣は揃っている。打線がどれだけ援護できるか?

ノーシードとなった「日大三」は勝ち進めば4回戦で「国士館」との対戦となる。例年夏に打力が向上するが、投手陣の整備ができているか?

その他「国士館」側には、投打で大注目されている森井選手がいる「桐朋」、都立の強豪「富士森」との初戦に注目。

シード校の敗退

4回戦 日大三 9-3 国士舘

高校名23年
秋季
24年
春季
東海大菅生
16強
ベスト8
3-9関東第一
準優勝
5-8帝京
拓大一
8強以上
1回戦
0-5日大鶴ケ
2回戦
4-7聖パウロ
国士舘
4回戦敗退
3回戦
11-22創価
4回戦
0-7創価
日大三
8強以上
2回戦
8-15二松学舎
3回戦
2-7佼成学園
桐朋
初戦敗退
1回戦
2-5東海大菅
2回戦
0-2東京
富士森
3回戦敗退
予選
4-11小山台
予選
3-4日本学園

創価佼成学園のブロック

このブロックも第三シードの「創価」が、準々決勝までは頭一つ抜けているか?

第三シードの「佼成学園」は主将の内島選手が投打でチームを牽引。最大のライバルは秋に8強に入っている「早大学院」。投手がそろい上位進出できる力がある。

高校名23年
秋季
24年
春季
創価
8強以上
準優勝
1-4関東第一
ベスト8
3-4東海大菅
佼成学園
16強以上
2回戦
1-2日大ニ
4回戦
1-6帝京
早大学院
16強以上
ベスト8
2-11創価
2回戦
3-10日大三

國學院久我山早稲田実業のブロック

國學院久我山」は4回戦で対戦が予想される「世田谷学園」が最初の山か?「世田谷学園」の石橋選手は投打でチームを牽引。

早稲田実」側は力のある私立校が揃った。「早稲田実」と初戦で対戦が予想されるのが「明大八王子」。今チームは上位に進出できていないが昨夏も4強に入り地力はある。上原投手や渡邊投手らタイプが異なる投手陣で上位進出できるか?

その他「早稲田実」側には、長身右腕の古川選手がいる「日本学園」や宮川投手や原田投手の2枚が揃う「聖パウロ学園」が入った

高校名23年
秋季
24年
春季
國學院久
8強以上
予選
0-8国士舘
ベスト8
6-8日大鶴ケ
世田谷学園
4回戦敗退
予選
6-10日大鶴ケ
3回戦
4-14國久我山
早稲田実
16強以上
ベスト4
1-5関東第一
4回戦
1-3明大中野
明大八王子
3回戦敗退
2回戦
2-7明大中野
3回戦
2-5東海大菅
聖パウロ
4回戦敗退
2回戦
0-11国士舘
3回戦
4-9日大豊山
日本学園
16強以上
予選
2-3東亜学園
1回戦
0-1日体大荏

日大鶴ケ丘錦城のブロック

第2シードの「日大鶴ケ丘」には地力のある高校が入った印象。

4回戦で対戦が予想されるのが「駒大高」。今チームは秋春共に「関東第一」に敗れ上位進出できていないが、広瀬投手を中心に力のある選手が揃う。

5回戦は秋4強に入った「日大ニ」か?右の鈴木投手、左の宮村投手ら投手陣が安定して投げられるか?

久しぶりにシード権を獲得できた「錦城」は右の牛久保投手、左の宮地投手の2枚看板。準々決勝までは頭ひとつぬけている印象だが、「日野」や「桜美林」なども上位進出を目指す。

シード校の敗退

4回戦 駒大 2-0 日大鶴ケ丘
4回戦 八王子北 5-4 錦城

高校名23年
秋季
24年
春季
日大鶴ケ
4回戦敗退
ベスト8
4-5早稲田実
ベスト4
3-5東海大菅
駒大高
16強
1回戦
0-12関東第一
2回戦
4-6関東第一
日大ニ
8強以上
ベスト4
0-7創価
2回戦
2-8國久我山
錦城
4回戦敗退
予選
1-9日大ニ
4回戦
1-5東海大菅
桜美林
8強以上
3回戦
0-10日大鶴ケ
2回戦
2-4小山台

各媒体の予測と展望

優勝争いの軸は、今春の都大会で準優勝した東海大菅生だ。関東大会3試合で5安打の上位打者・小上防(こじょぼう)や高西らが打線の要。上原や小島ら投手陣の成長が鍵を握る。

昨秋の都大会準優勝で、新監督率いる創価は高橋や井路端らの打撃が力強く、投手層も厚い。

昨夏準優勝で左右の2投手を擁し、今春の都大会4強の日大鶴ケ丘国学院久我山などが続く。

大会3連覇のかかる日大三はノーシードから、地力のある早稲田実も上位進出をうかがう。昨夏4強で明大中野八王子から校名が変わった明大八王子もチャンスを狙う。

バーチャル高校野球

【西東京】春の関東大会4強の東海大菅生が投打に充実。創価を始め、昨夏代表の日大三早稲田実も力があり、混戦模様。

読売新聞

東海大菅生早実日大三中心に
好投手擁するチームが覇権を狙う

週刊ベースボール

投打安定の東海大菅生創価
日大鶴ケ丘など強豪ひしめく

◎東海大菅生 ○創価 △日大鶴ケ丘

報知高校野球

東海大菅生創価がややリードも
日大鶴ケ丘國學院久我山
佼成学園の杉並区勢などが猛追

東海大菅生 創価 日大鶴ケ丘

ホームラン

夢託ブログ画像
【2024年夏の甲子園】49代表校予想 展望・本命一覧各2校(本命・対抗)までとして49代表校予想しました。 長くなりますので、興味のある地区を目次から選択してご覧ください。...

完読!ありがとうございます!

皆さんはどの高校が、「夏の甲子園代表校」になると予想していますか?

ブログ村に参加しています 応援(クリック)をお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です