高校野球

東東京大会の展望 / 2024年夏の高校野球

本命は投打で安定の「関東第一」だが、僅差で重量打線の「帝京」。

ノーシードの「二松学舎大附」も侮れない。

「明大中野」、「修徳」も頂上を目指せる力がある。

今回は、東東京の「2024年夏の甲子園」代表校を予想しました。

夢託ブログ画像
【2024年夏の甲子園】49代表校予想 展望・本命一覧各2校(本命・対抗)までとして49代表校予想しました。 長くなりますので、興味のある地区を目次から選択してご覧ください。...

第106回高校野球選手権  東京大会(2024年)

概要

日程

抽選会:6/15(土)
試 合:7/6(土)〜7/29(月)

会場

開会式、準決勝以降の試合は、明治神宮球場

参加チーム

127チーム(139校)/昨年対比-2チーム(-1校)

シード校
第1、2シード

帝京、明大中野

第3シード

修徳、日大豊山

第4シード

関東第一、東京、城西、岩倉

東京大会の秋・春の結果

23年
秋季
24年
春季
関東一優勝帝京
創価準優東海大菅生
早稲田実業
日大二
4強明大中野
日大鶴ヶ丘
東海大菅生
日大鶴ヶ丘
二松学舎大附
早大学院
8強修徳
創価
國學院久我山
日大豊山
高校名に黄色マーカは東京の高校

東東京の予想と展望

優勝校予想

本命

関東第一 ≧ 帝京

打線の破壊力では帝京だが、機動力も使える関東一の方がやや上回ると予想している。

関東第一(25%)

投手陣はU18一次候補に挙がった坂井投手、安定感抜群の左腕畠中投手大後選手らも控え投手陣の層は厚い。打線では俊足の飛田選手坂本選手、長打力のある高橋選手や強肩捕手の熊谷選手と役者がそろう。

帝京(24%)

春季都大会では7試合で9本塁打、関東大会でも3試合で7本塁打と破壊力満点。1年時からレギュラーだった西崎選手奈良選手富浜選手らクリーンナップだけではなく、下位打線に入っていた安部選手も2本塁打とどの打順で始まっても得点することができる。投手陣は安定感がある小野投手に加え、黒木投手ら下級生の台頭が大きい

対抗

二松学舎大附(15%)

2年連続でノーシードとなった二松学舎大附だが、1年時に甲子園で本塁打を放っている片井選手が最終学年。五十嵐選手も打力があり挽回を狙う。

投手陣も右腕の大内投手や左腕の関根投手を中心に投手層は厚い。

明大中野 ≧ 修徳

春は「早実」等に勝利し第2シードを勝ち取った「明大中野」、「関一」に完封勝利した「修徳

明大中野(7%)4回戦敗退

春は帝京相手に9-8と乱打戦の末に惜敗した。藤崎選手ら粘り強さがある。佐伯投手は制球力があり安定感抜群だが、上位進出には他投手の奮起も必須

修徳(6%)

春に台頭した飯山投手がカギを握るか?春季は関東一相手に完封勝利。双子の兄は中央学院で先に甲子園を経験。刺激を受けているはず。染田選手逢坂選手ら打線がどこまで援護できるか?

その他(11%)

展望

帝京城西大城西ブロック

第一シードの「帝京」が頭一つ抜けている印象。

最初の山は「堀越」もしくは「城東」になってくるか?

第四シードには「城西」が入った。右の小河投手、左の小池投手を中心に守備力がある。打線がどれだけ奮起できるか?初戦の相手は「目白研心」が予想されるが、春に関東一4-2の惜敗と侮れない相手だ。

このブロックに入った「日体大荏原」は、投打で活躍の吉田選手を中心にレベルの高い選手が揃う。ノーシードから波乱を起こせるか?

完全ノーマークでした「淑徳」!

シード校の敗退

3回戦 目白研心 8-5 城西

高校名23年
秋季
24年
春季
帝京
8強以上
予選
0-8二松学舎
優勝
堀越
初戦敗退
予選
2-11工学院大
3回戦
7-9明大中野
城東
4回戦敗退
予選
1-5八王子実
1回戦
7-3拓大一
城西
初戦敗退
3回戦
2-3関東一
4回戦
5-12國學院久
目白研心
4回戦
予選
1-5明大八王
3回戦
2-4関東一
日体大荏原
16強
2回戦
3-8関東一
3回戦
5-10修徳
淑徳
8強以上
予選敗退2回戦
0-5城西

日大豊山東京ブロック

第三シードの「日大豊山」は長身右腕の村井投手がどこまでチームに勢いを付けられるか?初戦は「安田学園」が予想される。

東京」の氷見投手が春に大躍進。「二松学舎大附」や「桐朋」を破り第四シードを勝ち取った。共に勝ち上がれば春に敗れた「日大豊山」との対戦。リベンジをしたい。

「東京」ブロックで、波乱を起こしそうなのは昨夏優勝校の「共栄学園」。今チームは勝ち切れていないが、甲子園を経験していいる田嶋投手牟田口選手早川選手らが最後の夏にみせるか?

その他打力がある「日本ウェルネス」がこのブロックに入った。

高校名23年
秋季
24年
春季
日大豊山
16強以上
3回戦
1-4二松学舎
ベスト8
5-8明大中野
安田学園
2回戦
2回戦
0-16日大鶴ケ
2回戦
2-5東京実業
東京
16強以上
1回戦
2-9桜美林
4回戦
0-7日大豊山
共栄学園
16強以上
2回戦
4-7東海大菅
1回戦
1-7國學院久
ウェルネス
2回戦
予選
6-16日野
1回戦
2-6武蔵丘

修徳関東第一ブロック

第三シードの「修徳」ブロックは、第四シードの「関東第一」の2強となった。春は「修徳」が1-0で「関東第一」に勝利。夏はこの一戦で「修徳」が自信を深めるか、「関東第一」がリベンジを果たすか楽しみな対戦。

高校名23年
秋季
24年
春季
修徳
16強以上
3回戦
3-4東海大菅
ベスト8
1-5帝京
小山台
16強以上
1回戦
4-10日大三
3回戦
2-11帝京
関東第一
16強以上
優勝
4回戦
0-1修徳

明大中野岩倉ブロック

第二シードの「明大中野」は、4回戦で対戦が予想される昨夏準優勝の「東亜学園」が最初の山か?今チームは勝ち切れていないが敗戦は1点差の接戦。「東亜学園」がこの1戦で勝利すると一気に乗ってきそうな気配がある。

第四シードの「岩倉」は初戦で「二松学舎大附」との対戦が予想される。ここで波に乗れるか。それとも「二松学舎大附」のノーシードからの大躍進につながるか?

シード校の敗退

3回戦 二松学舎大付 9-5 岩倉
4回戦 東亜学園 4-2 明大中野

高校名23年
秋季
24年
春季
明大中野
4回戦敗退
3回戦
0-10日大二
ベスト4
8-9帝京
東亜学園
8強以上
予選
1-2武蔵丘
2回戦
0-1日大鶴ヶ
岩倉
初戦敗退
3回戦
10-11早稲田実
4回戦
2-3日大鶴ヶ
二松学舎
8強以上
ベスト8
3-4日大二
3回戦
1-2東京

各媒体の予測と展望

 圧倒的な打撃力を誇る帝京と、今春の選抜大会に出場した関東第一が有力。

帝京は連覇した春季都大会の1回戦から関東大会まで10戦連続で本塁打。主将の2番西崎、4番奈良、5番富浜らが計16本放った。

関東第一は、制球力の高い左腕・畠中、速球派の右腕・坂井を中心に投手層が厚い。長打力のある主将の高橋が中軸に座り、打撃にも隙がない。

一昨年の覇者、二松学舎大付もノーシードだが実力は十分。春季都大会で関東第一を完封した修徳、二松学舎大付を破った東京も好投手がそろう。明大中野日大豊山にも勢いがある。

バーチャル高校野球

 【東東京】春の都大会優勝の帝京は長打力がある。選抜出場の関東一は投打のバランスが良い。明大中野修徳も有力候補。

読売新聞

13年ぶり甲子園狙う春王者・帝京
関東一二松学舎大付が阻止なるか”

ベースボールマガジン

重量打線でアーチ量産の帝京
好投手擁する関東第一も有力”

◎帝京 ○関東第一 △修徳

報知高校野球

強力打線で春を制した帝京
関東一修徳などが追う展開
二松学舎大付はノーシードで戦う

帝京 関東一 修徳

ホームラン
夢託ブログ画像
【2024年夏の甲子園】49代表校予想 展望・本命一覧各2校(本命・対抗)までとして49代表校予想しました。 長くなりますので、興味のある地区を目次から選択してご覧ください。...

完読!ありがとうございます!

皆さんはどの高校が、「夏の甲子園代表校」になると予想していますか?

ブログ村に参加しています 応援(クリック)をお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です