高校野球

【中国地区の展望編】夏の甲子園代表校(各県優勝校)予想 ~2022年~

2021年度の秋季大会以降の公式戦の試合結果から、中国地区の2022年度夏季各県大会 優勝校(夏の甲子園代表校)を予測していきます。

岡山県

夏季岡山県大会:7月9日(土)〜25日(月)予定
参加58校(57チーム)
5~6試合連続勝利で優勝

代表校予測

春季中国王者「創志学園」が優勝候補か?コロナの影響で「倉敷商」「倉敷工」不在だった春季大会!ノーシードからの逆襲はあるか岡山県大会!

優勝候補:創志学園

秋季岡山県大会 ベスト4
 ●0‐6 岡山学芸館
秋季中国大会 初戦敗退
 ●0‐6 下関国際
春季岡山県大会 優勝
春季中国大会 優勝

対抗1:倉敷商

秋季岡山県大会 初戦敗退
 ●6‐10 岡山学芸館
春季岡山県大会 辞退

展望

優勝候補筆頭は「創志学園」。猛打で春は岡山大会・中国大会を制した力は全国レベル。投手陣はエースの岡村 洸太郎投手を中心に春季中国大会を試合中2試合を完封勝利。打線も長打力がある主将の横井 寿海選手を中心に秋季大会5割の金田 恭汰選手、足や小技が使える小松 龍星選手など役者が揃う。

対抗1番手は「倉敷商」。秋は準優勝校の「岡山学芸館」に初戦で敗退。春はコロナウィルス感染者が出た為に出場辞退。ノーシードで今チームは結果が出ていないが、勝利に飢えている。野手陣は昨夏甲子園も4番にすわった藤森 旭心選手を中心に、小田 壮太捕手手や、池上 正純選手、西川 恭輔選手など甲子園経験者が多数残り打撃力は県内トップクラス。課題は投手の実践経験が少ない事。昨夏もマスクをかぶった小田捕手がどこまで投手陣を引き出せるか?

秋準優勝、春ベスト8の「岡山学芸館」は宇地原 丈智選手や勝樂 剛琉選手を中心とした打撃陣に岡田 景翔投手、大橋 葵平投手などの投手陣とタレントが揃う。

順当に勝ち進めば「岡山学芸館」と3回戦で対戦が予測される、秋季優勝校でセンバツ出場校の「倉敷工」。春は出場辞退(コロナウィルス感染者が出た為)した為にノーシードながら、エースの高山 侑大投手に日向 悠選手を中心とした打線と投打にバランスが良い。

今春準優勝の「岡山理大付」は田本 聖貴投手を中心に投手層はトップクラス。

その他、「玉野光南」「岡山東商」「岡山山陽」「興護館」など力のある高校も多数。

秋季以降の公式戦結果

秋季岡山県大会(2021年)

優勝   倉敷工
準優勝  岡山学芸館

      決勝戦 ●3-0 倉敷工
3位   創志学園
      準決勝 ●0-6 岡山学芸館
4位   岡山東商
      3位決定戦 ●4-6 創志学園
      準決勝   ●4-6 倉敷工

秋季中国大会

倉敷工 ベスト4
 ●6‐9 広島商(広島県2位 中国準優勝)
岡山学芸館 ベスト4
 ●4‐7 広陵(広島県2位 中国準優勝)
創志学園 初戦敗退
 ●0‐8 下関国際(山口県1位 中国2回戦敗退)

センバツ

倉敷工 初戦敗退
 ●8‐2 和歌山東(センバツ2回戦敗退)

春季岡山県大会(2022年)

優勝   創志学園
準優勝  岡山理大附
      決勝戦 ●4-11 創志学園
ベスト4 玉野光南
      準決勝 ●0-18 創志学園
     岡山東商
      準決勝 ●0-9 岡山理大附

春季中国大会

創志学園 優勝

広島県

夏季広島県大会:7月9日(土)〜26日(火)予定
参加85校(83チーム)
6~7試合連続勝利で優勝

代表校予測

広陵」が頭一つ抜けている存在。「広島商」「崇徳」「広島新庄」「」「呉港」を中心に2番手は実力拮抗している広島県大会!

優勝候補:広陵

秋季広島県大会 3位
 ●4-8 広島商
秋季中国大会 優勝
明治神宮大会 準優勝
 ●7‐11 大阪桐蔭
センバツ 2回戦敗退
 ●8‐2 九州国際大付
春季広島県大会 優勝
春季中国大会 準優勝

 ●4‐5 創志学園

対抗1:広島新庄

秋季広島県大会 2回戦敗退
 ●11‐1 広島商
春季広島県大会 2回戦敗退
 ●4‐8 広陵

展望

優勝候補筆頭は「広陵」。U18代表候補の内海優太選手に2年生の真鍋 慧選手と打線に、森山 陽一朗投手を中心に松林 幸紀投手、2年生の岡山 勇斗投手と投手層も厚く投打ともに頭一つ抜けた存在。

対抗1番手は、昨夏優勝校の「広島新庄」。秋は「広島商」、春は「広陵」と各優勝校に2回戦で敗れ、力を出し切れていない。中村 太人投手と奥野谷 栄須投手の左腕の2枚看板。昨夏甲子園を唯一経験している主砲の河野 優輝選手(2年生)を中心に打線も力がある。勝利に飢えている今回も2回戦で「広陵」との対戦が予定されている。ここで勝利し、一気に覚醒するか!

春準優勝校の「崇徳」。安定感あるエース右腕の宮原 廉投手。遊撃手の吉田 祐大選手(2年生)など守備力はトップクラス。野手陣が打撃で投手を援護できるか?

春ベスト4の「呉港」は田中 多聞選手を中心とした打撃力があるチーム。同じくベスト4の「」は投打のバランスが取れている。

秋優勝校でセンバツにも出場した「広島商」。コロナウィルス感染者が出た為、春季大会はほとんど練習が出来ず1回戦敗退となったが、松浦 太河選手や植松 幹太選手を中心に打撃力がある。秋、センバツは継投で勝ち上がったが夏季はどのような投手起用になるか。

その他、春準優勝校の「尾道商」やベスト4の「広島工大高」、「如水館」「尾道」も力がある

秋季以降の公式戦結果

秋季広島県大会(2021年)

優勝   広島商
準優勝  尾道商

      決勝戦 ●3-7 広島商
3位   広陵
      準決勝 ●4-8 広島商
4位   広島工大高
      3位決定戦 ●2-9 広陵
      準決勝   ●6-20 尾道商

秋季中国大会

広島商 準優勝
 ●0‐7 広陵(広島県3位 中国優勝)
尾道商 1回戦敗退
 ●5‐12 岡山学芸館(岡山県2位 中国ベスト4)
広陵 優勝

明治神宮大会

広陵 準優勝
 ●7‐11 大阪桐蔭(明治神宮大会優勝)

センバツ

広陵 2回戦敗退
 ●8‐2 九州国際大付(センバツベスト8)

春季広島県大会(2022年)

優勝   広陵
準優勝  崇徳
      決勝戦 ●6-16 広陵
ベスト4 市立呉
      準決勝 ●8-13 広陵
     呉港
      準決勝 ●0-6 崇徳

春季中国大会

広陵 準優勝
 ●4‐5 創志学園(兵庫県1位 中国優勝)

鳥取県

夏季鳥取県大会:7月9日(土)~ 25日(月)予定
参加24校(22チーム)
4~5試合連続勝利で優勝

代表校予測

鳥取城北」が攻撃力で一歩リードしているが、準決勝から好カード続く鳥取県大会。

優勝候補:鳥取城北

秋季鳥取県大会 ベスト8
 ●2-3 倉吉総合産業
春季鳥取県大会 優勝
春季中国大会 2回戦敗退

 ● 3-6 益田東

対抗1:米子東

秋季鳥取県大会 2回戦敗退
 ●9-11 米子松蔭
春季鳥取県大会 ベスト8
 ●7-14 米子松蔭

展望

優勝候補筆頭は「鳥取城北」。竹田 宙選手や坂根 叶琉選手、植田 隼斗選手を中心とした打線は強力で、春季大会は決勝を除く4試合全て2桁得点のコールド勝ちと圧倒的な打力で鳥取県を制した。投手陣もエース右腕の梅澤 纏投手だけではなく、左腕の板垣 ガブリエル投手や酒谷 時人投手、2年生の新庄 空投手など2番手以降のベンチ入り投手の争いも激しい。

対抗1番手は、昨夏優勝校の「米子東」か?昨夏甲子園を経験し投打で活躍する藪本 鉄平選手を中心に、太田 舷暉選手、瀬川 凜太郎選手、太田 舷暉選手など甲子園経験者が残っており、戦力は充実している。秋・春と「米子松蔭」に連敗しているが、夏季も準々決勝(2試合目)で「米子松蔭」との対戦が予測され、リベンジに燃えているはず!

秋季優勝、春季ベスト4の「鳥取商」も選手層が厚い。春からエースナンバーを背負う右腕の岩崎 翔投手や、ケガから復帰が期待される左腕の山根 汰三投手(2年生)、荒川 真裕投手など投手陣が揃い。田中 陸斗選手や前田 笑選手、山本 皓太選手を中心とした打線も期待できる。

春季準優勝の「米子松陰」は藤江 優斗選手を中心に小技や機動力を使った攻撃で得点能力が高い。

米子北」は春季大会を準決勝で辞退(コロナの影響)となったが、大江 誓夏投手に投打で活躍が期待される山岡 昊資選手に力のある選手が揃う。

秋準優勝校の「倉吉総合産業」も左腕エースの伊藤 愛希投手を、安達 楓真選手ら野手陣が援護できるかがカギ。準々決勝(2試合目)で対戦が予測される「鳥取城北」に勝利し勢いづくか?

秋季以降の公式戦結果

秋季鳥取県大会(2021年)

優勝   鳥取商
準優勝  倉吉総合産業
      決勝戦 ●5-16 鳥取商
3位   米子西
      準決勝 ●1-4 鳥取商
4位   鳥取東
      3位決定戦 ●0-5 米子西
      準決勝   ●0-8 倉吉総合産業

秋季中国大会

鳥取商 2回戦敗退
 ●2‐6 広島商(広島県1位 中国準優勝)
倉吉総合産業 1回戦敗退
 ●0‐6 岡山学芸館(広島県3位 中国優勝)
米子西 1回戦敗退
 ●0‐5 倉敷工(岡山県1位 中国ベスト4)

春季鳥取県大会(2022年)

優勝   鳥取城北
準優勝  米子松蔭
      決勝戦 ●6-16 鳥取城北
ベスト4 鳥取商 
      準決勝 ●0-17 鳥取城北
     米子北
      準決勝 ●不戦敗 米子松蔭

春季中国大会

鳥取城北 2回戦敗退
 ● 3-6 益田東(島根3位 中国ベスト4)

島根県

夏季島根県大会:7月13日(水)〜27日(水)予定
参加39校(38チーム)
4~5試合連続勝利で優勝

代表校予測

優勝候補筆頭の「立正大淞南」と「石見智翠館」の2強が中心に展開が予測される島根県大会!

優勝候補:立正大淞南

秋季島根県大会 優勝
秋季中国大会 初戦敗退
 ●2‐6 岡山学芸館
春季島根県大会 優勝
春季中国大会 1回戦敗退

 ●0‐9 広陵

対抗1:石見智翠館

秋季島根県大会 1回戦敗退
 ●4-6 大社
春季島根県大会 準優勝
 ●5-1 立正大淞南
春季中国大会 1回戦敗退
 ●0‐6 創志学園

展望

優勝候補筆頭は「立正大淞南」。エース右腕の井上 雄輝投手をはじめ、小坂 純輝投手、持田 翔秀投手、2年生の山下 羅馬投手、日野 勇吹投手と投手陣に厚みがある。打線も谷川 翔太選手、福島 迅選手、清水 タデウ 健次、福島 脩太選手を中心にどこからでも点が取れる厚みがある。

対抗1番手は、昨夏優勝校の「石見智翠館」。秋季は1回戦敗退であったが、春季は準優勝と本領を発揮してきた。昨夏甲子園で登板機会があったエース左腕の山本 由吾投手を中心に右腕の原﨑 竜雅投手、2年生の仲谷 安紀彦投手と投手陣が揃う。打線も昨夏甲子園でマスクをかぶっている上 翔曳選手、塩田 蓮選手、今泉 秀悟選手と勝負強さがある。

秋、春共に3位と安定した結果を残した「益田東」。松居 凌平選手、松岡 憂選手を中心に派手さはないが巧打者が揃う。

ダークホースとして「矢上」「三刀屋」が面白い存在。

矢上」はエース左腕柘植 哉汰投手に、皆吉 海翔選手や石川旺悟選手の打線と投打に中心選手がいる。「三刀屋」はU18ソフトボール日本代表経験のある大橋 優也選手は走攻守にバランスがとれ、高野 颯選手など中軸も力強い。

その他、春ベスト4の「大東」や「出雲西」「開星」「飯南」「安来」「大社」等も力がある。

秋季以降の公式戦結果

秋季島根県大会(2021年)

優勝   立正大淞南
準優勝  出雲西
      決勝戦 ●2-3 立正大淞南
3位   益田東
      準決勝 ●4-7 立正大淞南
4位   浜田
      3位決定戦 ●1-8 益田東
      準決勝   ●1-2 出雲西

秋季中国大会

立正大淞南 2回戦敗退
 ●2‐6 岡山学芸館(岡山県2位 中国ベスト4)
出雲西 1回戦敗退
 ●5‐7 宇部商(山口県2位 中国ベスト4)
益田東 1回戦敗退
 ●7‐8 広島商(広島県1位 中国準優勝)

春季島根県大会(2022年)

優勝   立正大淞南
準優勝  石見智翠館
      決勝戦 ●5-1 立正大淞南
3位   益田東 
      準決勝 ●2-8 立正大淞南
4位   大東
      準決勝 ●0-8 石見智翠館

春季中国大会

立正大淞南 1回戦敗退
 ●0‐9 広陵(広島県1位 中国準優勝)
石見智翠館 1回戦敗退
 ●0‐6 創志学園(岡山1位 中国優勝)
益田東 ベスト4
 ●0‐7 創志学園(岡山1位 中国優勝)
大東 ベスト4
 ●2‐13 広陵(広島県1位 中国準優勝)

山口県

夏季山口県大会:7月9日(土)〜26日(火)
参加56校(54チーム)
4~5試合連続勝利で優勝

代表校予測

下関国際」を中心に「宇部工」「高川学院」が追う山口県大会!

優勝候補:下関国際

秋季山口県大会 優勝
秋季中国大会 2回戦敗退
 ●0-3 広陵
春季山口県大会 準優勝
 ●2-5 宇部工

対抗1:宇部工

秋季山口県大会 4位
 ●0-7 下関国際
春季山口県大会 優勝
春季中国大会 1回戦敗退
 ●1-8 大東

展望

優勝候補筆頭は「下関国際」。右腕の仲井 慎投手、松尾 勇汰投手、左腕の古賀 康誠投手の3年生3本柱と投手陣が安定している。賀谷 勇斗選手、赤瀬 健心選手、水安 勇選手など昨年(21年)のセンバツを経験している選手を中心に打線も強力。

対抗1番手は「宇部工」。秋季は4位だったが、春季は「下関国際」を決勝で破り優勝を飾った。エース右腕の上田 優太投手は安定感があり、遊撃手の山田 桃也選手の守備力は県トップクラス。打線の中心は主将の大谷 亮眞選手。守備からリズムを作り、粘り強い野球で頂点にたどり着けるか。

昨夏甲子園に出場した「高川学院」も選手層は厚い。俊足の山 大輝選手、小技も出来る田口 哉斗選手、長打が期待できる隅田 玄選手、山見 拓希選手の昨夏甲子園経験者が揃う打線は強力。課題は投手陣か?ポテンシャルが高い投手が揃うが安定して投げ勝つことが出来るか?

ダークホース的な存在として「宇部鴻城」。秋、春共に3回戦敗退しているが、20年の中止を除く16年から毎年決勝に進出している夏のチーム。堤 颯斗投手を中心に投手陣は揃っている。夏季大会も順当に勝ち上がれば3回戦で優勝候補の「下関国際」との対戦が予測される。3回戦の壁を突き破れば一気に開花するか!?

その他「西京」「宇部商」「岩国商」なども力がある。

秋季以降の公式戦結果

秋季山口県大会(2021年)

優勝   下関国際
準優勝  宇部商
      決勝戦 ●0-11 下関国際
3位   岩国商
      準決勝 ●9-12 宇部商
4位   宇部工
      3位決定戦 ●2-9 岩国商
      準決勝   ●0-7 下関国際

秋季中国大会

下関国際 2回戦敗退
 ●0-3 広陵(広島県3位 中国優勝)
倉敷工 2回戦敗退
 ●2‐10 倉敷工(岡山県1位 中国ベスト4)
岩国商 1回戦敗退
 ●7‐8 立正大淞南(島根県1位 中国2回戦敗退)
宇部工 1回戦敗退
 ●2‐3 鳥取商(鳥取県1位 中国2回戦敗退)

春季山口県大会(2022年)

優勝   宇部工 
準優勝  下関国際
      決勝戦 ●2-5 宇部工
ベスト4 高川学園
      準決勝 ●1-3 宇部工
     西京
      準決勝 ●6-8 下関国際

春季中国大会

宇部工 1回戦敗退
 ● 1-8 大東(島根4位 中国ベスト4)

夏の甲子園 出場校予測
【一覧】夏の甲子園代表校(各都道府県優勝校)予想と結果 ~2022年~2021年度の秋季大会以降の公式戦の試合結果から、2022年度夏季各府県大会 優勝校(夏の甲子園代表校)を予測していきます。各地区ごとに詳細を別ページに準備していますので、詳細は「あせて読みたい」をクリックしてご確認ください。...

完読!ありがとうございます!

ブログ村に参加しています 応援(クリック)をお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村