高校野球

個人タイトル ~第94回センバツ高校野球(2022年) ~

あっと言う間に閉幕した2022年のセンバツ高校野球。投打で大阪桐蔭が圧倒しましたね。今回は、第94回センバツ高校野球の振り返りとして、第一弾は投打の成績から個人タイトルを選出していきます。

長くなりますので、目次をクリックして興味のある項目をご覧ください。

打撃部門

打率

条件:3試合以上及び、試合数×3.1打席以上

金田優太(浦和学院)

打率.647(17打数11安打)

金田選手は全試合安打を記録し、2塁打も4本と大会トップの成績を残す。

2位は打率.600谷口選手(大阪桐蔭)15打数9安打丸山選手(大阪桐蔭)20打数12安打でした。

最多安打数

丸山一喜(大阪桐蔭)

12安打

丸山選手はセンバツ歴代、最多連続安打1位タイの8連続安打を記録。

2位は11安打金田選手(浦和学院)17打数11安打、3位は9安打谷口選手(大阪桐蔭)20打数12安打でした。

打点

丸山一喜(大阪桐蔭)

11打点

丸山選手は本塁打こそ出なかったが、大阪桐蔭の4番打者として、市和歌山戦、国学院久我山戦では先制打を放つなど勝負強さが光った。

2位は7打点谷口選手(大阪桐蔭)鍋倉選手(浦和学院)。鍋倉選手も浦和学院の4番として全試合で打点を記録。

最多塁打数

金田優太(浦和学院)谷口勇人(大阪桐蔭)

18塁打

金田選手は11安打4二塁打1本塁打。谷口選手は9安打1二塁打1三塁打2本塁打。

2位は16塁打海老根選手(大阪桐蔭)8安打2二塁打2本塁打丸山選手(大阪桐蔭)12安打4二塁打

最多奪四死球数

谷口勇人(大阪桐蔭)

6四死球

谷口選手は21打席で3四球3死球。決勝戦ではセンバツ歴代3人目の満塁本塁打を放っています。

2位は5四死球古川選手(金光大阪)14打席で4四球1死球、3位は4四死球大野選手(國學院久我山)16打席で3四球1死球西川選手(近江)19打席で3四球1死球

最多犠打数

横田悟(近江)

4犠打

横田選手は2番打者として確実に走者を進めた。

2位は3犠打中瀬選手(近江)萩野選手(國學院久我山)星子選手(大阪桐蔭)川原選手(大阪桐蔭)

中瀬選手は、浦和学院戦、金光大阪戦でスクイズを決めた。

盗塁数

海老根 優大(大阪桐蔭)

3盗塁

海老沼選手は打率421、2本塁打の打撃だけではなく、足でも力をみせました。

2位は2盗塁津沢選手(星稜)岸本選手(金光大阪)

投手部門

防御率

条件:3試合、15回以上登板

古川温生(金光大阪)

防御率0.32(28回 失点7 自責点1)

古川投手は、3試合で10失策を記録したチームの中でも崩れずに投げ抜いた。

2位は防御率0.54(16回2/3 失点5 自責点1)マーガード投手(星稜)。3位は防御率1.16(23回1/3 失点3 自責点3)宮城投手(浦和学院)

条件外ですが、Big4の前田投手(大阪桐蔭)防御率0.00(13回 失点0 自責点0)

奪三振数

山田陽翔(近江)

33個

山田投手は三振を奪うだけではなく、聖光学院戦(9回87球完投)のように打たせて取る投球術も光りました。

2位は27個宮城投手(浦和学院)。3位は23個前田投手(大阪桐蔭)

奪三振率

条件:3試合、15回以上登板

宮城誇南(浦和学院)

奪三振率10.41(23回1/3 奪三振27個)

宮城投手は1回あたりの投球数が13.2球と無駄な球を投げない制球力が光りました。

2位は奪三振率9.5(18回 奪三振19個)川原投手(大阪桐蔭。3位は奪三振率9.18(16回2/3 奪三振17個)マーガード投手(星稜)

条件外ですが、Big4の前田投手(大阪桐蔭)奪三振率15.92(13回 奪三振23個)

WHIP (与四球 + 被安打) ÷ 投球回

条件:3試合、15回以上登板

宮城誇南(浦和学院)

WHIP0.47(23回1/3 与四球3、被安打8)

宮城投手は上記奪三振で記載の通り、制球力が光りました。

2位はWHIP0.78(18回 与四球1、被安打13)川原投手(大阪桐蔭)。3位はWHIP0.81(27回 与四球2、被安打20)香西投手(九州国際大付)

条件外ですが、Big4の前田投手(大阪桐蔭)WHIP0.38(13回 与四球3、被安打2)、2回戦で惜しくも敗退した越井投手(木更津総合)WHIP0.7(20回 与四球4、被安打10)

最多投球数(1試合)

高山侑大(倉敷工)

171球(10回2/3)

高山投手は1回戦 和歌山東戦で延長10回まで1失点に抑える好投も11回に力尽きました。

2位は170球(準決勝 浦和学院戦 11回完投勝利)山田投手(近江)。3位は169球(1回戦 明秀日立戦 9回)大野投手(大島)

最多投球数(大会通算)

山田陽翔(近江)

594球(5試合44回)

山田投手は5試合中4試合完投勝利。賛否両論あると思いますが、リアル茂野吾郎でした。

2位は412球(3試合28回)古川投手(金光大阪)。3位は365球(3試合27回)香西投手(九州国際)

対戦結果

センバツ特集
第94回センバツ高校野球(2022年)特集ページ第94回センバツ出場校の予測、出場校紹介、注目選手、試合の展望など投稿したページの一覧...

酔っ払いの「つぶやき」

夢託

個人成績を見ると、改めて大阪桐蔭が投打に充実しているのが分りますね!1強がある年は、夏に各校が大成長している!?と思いますので、夏も楽しみ~♪

完読!ありがとうございます!

ブログ村に参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA