高校野球

成績ランキング【確定版】 ~夏の甲子園 2022年 ~

あっと言う間に終わってしまった夏の甲子園(第104回全国高等学校野球選手権大会)。地方大会で結果が出なかった選手も、大舞台で実力を発揮しましたね!今回は、夏の甲子園での成績をランキングで紹介します。

打撃部門

◆打率(条件:3試合以上、10打数以上)

1位 浅野 翔吾選手(高松対戦

打率.700

(10打数/7安打)を記録。

山田 陽翔選手(近江)との対戦結果

3打数3安打
左2、中本、左安、故意四

ドラフト上位指名が予測される両名の勝負は球史に残りそうですね。

2位 長田 悠也選手(國學院栃木/2年生)

打率.583

7安打/12打数を記録。

歴代最多の8打数連続安打とあと1本!

1、2回戦で積み上げた連続7安打。また甲子園に戻ってきて挑戦して欲しいですね!

3位 松尾 汐恩選手(大阪桐蔭)

打率.571

8安打/14打数を記録。

◆最多安打

1位 橋本 航河選手(仙台育英/2年生)

12本

打率は.500を記録。

2位タイ 高中 一樹選手(聖光学院/2年生)

9本

打率は.529を記録。

2位タイ 加藤 蓮選手(愛工大名電)

9本

打率は.563を記録。

2位タイ 伊藤 櫂人選手(大阪桐蔭)

9本

打率は.529を記録。

◆本塁打

1位タイ 浅野 翔吾選手(高松商)

3本塁打

佐久長聖戦×2 近江戦×1

1位タイ 土屋 奏人選手(鶴岡東)

3本塁打

盈進戦×2 近江戦×1

3位 松尾 汐恩選手(大阪桐蔭)

2本塁打

聖望学園×2

◆打点

1位 岩崎 生弥選手(仙台育英)

10打点

鳥取商×2 明秀日立×2 愛工大名電×2 下関国際×4

夏季宮城県大会では、ベンチ外。甲子園で掴んだチャンス。勝負強かった。

2位 松尾 汐恩選手(大阪桐蔭)

9打点

旭川大戦×2 聖望学園戦×5 二松學舍大付戦×1 下関国際戦×1

3位 美濃 十飛選手(愛工大名電)

8打点

星稜戦×6 八戸学院光星×2

◆盗塁

1位 市橋 昂士選手(愛工大名電)

3個

明豊×1、八戸学院光星×1、星稜×1

2位は下記11名

2個

尾形 樹人(仙台育英)、尾形 樹人(仙台育英)、山田 脩也(仙台育英)、赤瀬 健心選手(下関国際)、森 凜琥選手(下関国際)、松本 竜之介(下関国際)、大森 瑛斗選手(愛工大名電)、海老根 優大選手(大阪桐蔭)、大前 圭右選手(大阪桐蔭)、浅野 翔吾選手(高松商)、槙本 嵩大選手(國學院栃木)

投手部門

◆防御率(条件:17回以上登板)

1位 右:宮原 明弥投手(海星)

防御率:0.53

3試合 17回 自責点1

2位 右:川原 嗣貴投手(大阪桐蔭)

防御率:1.59

2試合 17回 自責点3

3位 左:渡辺 和大投手(高松商)

防御率:1.83

3試合 19回2/3 自責点4

◆奪三振数(通算)

1位 右:山田 陽翔投手(近江)

51個

奪三振率:12.08(51個×9/38回)

甲子園での奪三振数が歴代3位の115個を記録しました。

甲子園での通算奪三振記録

1位:150 桑田 真澄氏(PL学園)
2位:130 島袋 洋奨氏(興南)
3位:115 山田 陽翔投手(近江)
4位:113 石井 毅氏(箕島)
5位:104 斎藤 佑樹氏(早実)
6位:102 田中 将大氏(駒大苫小牧)

2位 右:仲井 慎投手(下関国際)

26個

奪三振率:11.14(26個×9/21回)

3位 右:宮原 明弥投手(海星)

18個

奪三振率:9.94(18個×9/17回)

◆奪三振数(1試合)

1位 右:山田 陽翔投手(近江)

13個

奪三振率:14.63(13個×9/8回)
初戦の「鳴門」戦で記録。

山田 陽翔投手の各試合の奪三振数

「鳴門」  13個(8回)
「鶴岡東」 12個(9回)
「高松商」 10個(7回1/3)
「海星」   9個(7回)
「下関国際」 7個(6回2/3) 

2位タイ 左:前田 悠伍投手(大阪桐蔭/2年生)

9個

奪三振率:16.20(13個×9/5回)
初登板の「聖望学園」戦で記録。

2位タイ 右:宮原 明弥投手(海星)

9個

奪三振率:9.00(9個×9/9回)
初戦の「日本文理」戦で記録。

2位タイ 右:日高 暖己投手(富島)

9個

奪三振率:9.00(9個×9/9回)
初戦の「下関国際」戦で記録。

◆最速

1位タイ 右:山田 陽翔投手(近江)

148キロ

初戦の鳴門戦で記録

1位タイ 右:生盛 亜勇太投手(興南)

148キロ

初戦の市立船橋戦で記録

1位タイ 右:田中 晴也投手(日本文理)

148キロ

初戦の海星戦で記録

1位タイ 右:武元 一輝投手(智弁和歌山)

148キロ

初戦の國學院栃木戦で記録

147キロ

◆右腕投手
仲井 慎投手(下関国際)、川原 嗣貴投手(大阪桐蔭)
◆左腕投手
仁田 陽翔投手(仙台育英/2年生)

146キロ

◆右腕投手
湯田 統真投手(仙台育英/2年生)、中川 眞乃介投手(國學院栃木)、別所 孝亮投手(大阪桐蔭)、高橋 史佳投手(日本文理/2年生)
◆左腕投手
前田 悠伍投手(大阪桐蔭/2年生)

◆投球数(通算)

1位 右:山田 陽翔投手(近江)

通算644球

 鳴門 :113球(8回)
鶴岡東 :149球(9回)
 海星 :114球(7回)
高松商 :136球(7回1/3)
下関国際:132球(6回2/3)

2位 右:佐山 未来投手(聖光学院)

通算551球

日大三 : 63球(4回2/3)
 横浜 :119球(9回)
敦賀気比:107球(7回)
九州学院:132球(9回)
仙台育英:130球(5回)

3位 左:古賀 康誠投手(下関国際)が

通算441球

 富島 :117球(5回)
 浜田 : 82球(6回)
大阪桐蔭:127球(5回2/3)
 近江 : 30球(1回)
仙台育英: 85球(4回2/3回)

◆投球数(1試合)

1位 右:日高 暖己投手(富島)

下関国際:162球

9回完投するも「下関国際」に5‐0で敗れる。

2位 右:山田 陽翔投手(近江)

鶴岡東:149球

9回完投。試合も「鶴岡東」に8‐3で勝利。

3位 右:向井 恵理登投手(海星)

天理:147球

7回2/3を2失点で、宮原 明弥投手に継投。試合は「天理」に4‐2で勝利。

U18記事用の画像
【特集】第30回 WBSC U-18野球ワールドカップ ~2022年~昨年延期になり、1年遅れで開催された「第30回 WBSC U-18野球ワールドカップ」!苦しい戦いとなりましたが、最終結果は3位(前回大会は5位)となりました。各試合や、各選手の今大会での成績などをご紹介します。赤文字をクリックすると該当ページに移動します。...
ベストプレイヤー
夢託の印象に残ったベストプレイヤー ~夏の甲子園(2022年) ~センバツに続いて、今回も夢託が選出したベストプレイヤーです。皆さんはどの選手が印象に残りましたか?...
おすすめ野球漫画
夢託がおすすめの高校野球漫画!【監督が主人公編】今回は夢託が好きな「監督が主人公」のおすすめ野球漫画を、ランキング形式でご紹介します。夢託の感覚ですが、参考にしていただければ幸いです。...

完読!ありがとうございます!

ブログ村に参加しています
PVアクセスランキング にほんブログ村