高校野球

【予測&結果】第95回センバツ高校野球大会出場校(2023年度)

各秋季大会終了し、各地区の一般枠での選抜出場校候補が出そろいました。

明治神宮大会も終了し、大阪桐蔭が史上初の2連覇を達成し、今年も明治神宮枠は近畿に!

今回はセンバツ高校野球大会出場校を予測していきます。

第95回選抜高等学校野球大会

代表校選出  2023年1月27日(金)
組合抽選会  2023年3月10日(金)
大会開催期間 2023年3月18日(土)~

今大会は記念大会となる為、4地区に1校追加され36校が出場します。

北海道 1校
東北  2校→3校
関東  4.5校→5.5校
東京  1.5校
東海  2校→3校
中国  2.5校
四国  2.5校→3.5校
九州  4校
21世紀枠 3校
明治神宮大会枠 1校

歴代のサプライズ選考!不可解な選考結果Best3【センバツ高校野球】センバツ出場校発表はいつもドキドキ!だが時に、「なんじゃこりゃー」とジーパン刑事のように叫びたくなる選考も!今回は、21世紀に入っても、「なんじゃこりゃー」と叫んだサプライズ(不可解)選考を紹介!...

長くなりますので、目次をクリックして興味のある地区をご覧ください。

出場校予測

北海道地区

秋季大会の結果

決勝クラーク 3-1 北海
準決勝
ベスト4以上
クラーク 7-0 立命館慶祥
 北海  12-2 函大柏稜
地区大会の詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●クラーク記念国際 2-12 大阪桐蔭(近畿)
→ 詳細はこちらをクリック

予測:センバツ枠1枠

予測:クラーク記念国際

ほぼ確定(1/1)
  1. クラーク記念国際

優勝校の「クラーク記念国際」が順当に選出されると予測。

サプライズがあるとすれば・・・。

「試合結果、試合内容をもとに評価する。その割合は同程度とし、総合的に判断する。」

クラーク記念国際」は「北海」との直接対決で勝利をしているものの、延長12回の接戦。「北海」は、全道大会のチーム打率は.366、本塁打も1本放ち、チーム防御率も4人の投手が登板し0.92と安定していた。

秋季北海道大会の試合結果

→ こちらをクリック

直接対決の試合結果

クラーク|000|000|010|2 | 3
 北海 |000|000|100|0 | 1

両校の比較
クラーク(優勝)北海 (準優勝)
チーム防御率0.260.92
登板人数1人4人
失策52
チーム打率.240.366
得点1631
本塁打01
盗塁04
犠打1214

東北地区

秋季大会の結果

決勝仙台育英(宮2) 3-6  東北 (宮1)
準決勝
ベスト4以上
仙台育英(宮2) 2-1 能代松陽(秋1)
 東北 (宮1) 8-1 聖光学院(福1)
準々決勝
ベスト8以上
仙台育英(宮2) 5-1 鶴岡東 (山2)
 東北 (宮1) 6-3 山形中央(山1)
能代松陽(秋1) 6-4 学法石川(福2)
聖光学院(福1) 3-2  由利 (秋2)
地区大会の詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●仙台育英 4-5 大阪桐蔭(近畿)
〇仙台育英 5-4 沖縄尚学(九州)
→ 詳細はこちらをクリック

予測:センバツ枠3枠

予測:仙台育英東北能代松陽

ほぼ確定(2/3)
  1. 仙台育英
  2. 東北

優勝校の「仙台育英」、準優勝の「東北」は、同じ宮城県となりますが、ベスト4の「能代松陽」「聖光学院」と評価が並ぶことはないと予測しますので「地域性の優位」は発動せずに、選出されると予測。

3校目は?

優勝校の「仙台育英」に2-1の接戦で敗退した「能代松陽」が優位か?

能代松陽」、「聖光学院」と共に県優勝校、昨夏も更新を経験しているのも共通。
能代松陽」は福島準優勝校「学法石川」、「聖光学院」は秋田準優勝校「由利」に延長で勝利と両校の共通の対戦相手に接戦での勝利と両校同じような勝ち上がり。

甲乙つけがたいが、投手陣の安定、東北大会優勝校の「仙台育英」との対戦が接戦での敗戦だった点から「能代松陽」が選出されると予測。

試合結果

能代松陽|100|000|000| 1
仙台育英|001|001|00x| 2

聖光学院|100|100|000| 2
 東北 |020|000|04x| 6

学法石川戦 共通の対戦相手(その1)

学法石川|300|020|000|000 | 5
能代松陽|100|400|000|001 | 6

聖光学院|100|010|021| 5
学法石川|100|000|011| 3

由利戦 共通の対戦相手(その2)

 由利 |000|100|001| 2
能代松陽|010|032|02x| 8

由利  |000|002|000|00 | 2
聖光学院|000|000|020|01 | 3

両校の比較
能代松陽聖光学院
チーム防御率2.673.21
登板人数3人3人
失策54
チーム打率.306.321
得点1814
本塁打00
盗塁32
犠打27

関東・東京地区

秋季大会の結果(関東)

決勝山梨学院(山1) 5-2 専大松戸(千1)
準決勝
ベスト4以上
山梨学院(山1) 5-2 健大高崎(群1)
専大松戸(千1) 5-3 慶應義塾(神2)
準々決勝
ベスト8以上
山梨学院(山1) 9-1 山村学園(埼3)
専大松戸(千1) 4-3 作新学院(栃1)
健大高崎(群1) 5-2  横浜 (神1)
慶應義塾(神2) 7-3  昌平 (埼1)
地区大会の詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●山梨学院 7-10 英明(四国)
→ 詳細はこちらをクリック

予測(関東):センバツ枠5枠

予測:山梨学院専大松戸健大高崎慶應義塾作新学院

ほぼ確定(4/5)
  1. 山梨学院
  2. 専大松戸
  3. 健大高崎
  4. 慶應義塾

優勝校の「山梨学院」、準優勝の「専大松戸」は順当に選出。ベスト4の「健大高崎」「慶應義塾」も準決勝をコールド負けをしていないので、地域性等での逆転要素はなくこちらも順当に選出されると予測。

5校目は?

地域性等で優位に立っているのは、栃木の「作新学院」、埼玉の「昌平」「山村学園」となるが、「昌平」はスーパーシードで、関東大会勝利がなく、「山村学園」はコールド負けをしているのでこの3校の比較では「作新学院」が一歩リードとなる。

既に選出が予測される4校に神奈川の「慶應義塾」がいる為、「横浜」は、地域性等では不利となるが、杉山 投手を中心に夏の甲子園に出場した実績のある選手が揃う。

2019年の選考では準々決勝でコールド負けを下にも関わらず、東京との比較枠で選出されたケースもあるので最後まで分からない。

2019年の選考については

→ こちらをクリック

純粋に関東大会と「作新学院」と「横浜」を比較すると、投打のバランスは「作新学院」の方がバランスが良い。「横浜」の県大会では打っていたが、関東大会での打率.185をどのように評価するか?

今大会は、1枠増え6校目にも出場のチャンスがある。結果的に5校目は「作新学院」、東京都の比較に「横浜」が回ると予測。

サプライズがあるとすれば

スーパーシードで関東大会での勝利がなかった「昌平」だが、2008年宇都宮南がスーパーシードで敗退しましたが、選出された前例があります。

慶應義塾戦では、エースの渡邊投手が投げるまでに6失点。渡邊投手は3回を0失点。打線は3得点のみでしたが、16安打放つもつなど打力はあります。

埼玉県から選出されていませんので、「地域性が考慮」されれば可能性はあります。

作新学院(栃木1位)

 防御率:2.77 失策0
 打率 :.283 本塁打1

横浜(横浜1位)

 防御率:2.50 失策0
 打率 :.185 本塁打0

昌平(埼玉1位)

 防御率:6.75 失策0
 打率 :.410 本塁打0

秋季大会の結果(東京)

決勝東海大菅生 8-2 二松学舎大付
準決勝
ベスト4以上
東海大菅生  3-2 日大三
二松学舎大付 3-8 帝京
地区大会の詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●東海大菅生 2-6 広陵
→ 詳細はこちらをクリック

予測(東京):センバツ枠1枠

予測:東海大菅生

ほぼ確定(1/1)
  1. 東海大菅生

優勝校の「東海大菅生」は決勝戦でも二松学舎に8‐2で快勝しているため、問題なく選出されると予測。

東京・関東の比較枠は?

準優勝校の「二松学舎大付」が比較枠に回ると予測。

過去にベスト4校との逆転もあるが、「二松学舎大付」が大量失点をしたのは「東海大菅生」戦のみ。この一戦のみで評価が覆ることはないと予測。

サプライズがあるとすれば

東海大菅生」と1点差で敗れた「日大三」の逆転の可能性も捨てきれない。安田 虎汰郎投手が5試合すべて完投し防御率は1.50。打線も.310 本塁打3本と投打ともに力がある。

両校の比較
二松学舎日大三
チーム防御率2.941.50
登板人数5人1人
失策3.670.60
チーム打率.325.310
得点66.4
本塁打0.670.60
盗塁0.501.20
犠打12.20

予測(比較枠):センバツ枠1枠

予測:横浜

関東6校目は「横浜」、東京2校目は「二松学舎大附」と予測しているが、昨年も「二松学舎大附」は比較枠での選出であることから、「横浜」が優位と予測。東京2校目が「日大三」と判断されると「日大三」かな?

地区大会の進捗状況

→ こちらをクリック

歴代比較枠の結果

→ こちらをクリック

東海地区

決勝 東邦 (愛1) 7-2 常葉菊川(静1)
準決勝
ベスト4以上
 東邦 (愛1) 7-4 大垣日大(岐2)
常葉菊川(静1) 2-0 加藤学園(静3)
準々決勝
ベスト8以上
 東邦 (愛1) 11-1 海星(三3)
常葉菊川(静1) 5-4 津商(三2)
大垣日大(岐2) 4-2 三重(三1)
加藤学園(静3) 9-2 中京(岐1)
地区大会の詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●東邦 1-9 大阪桐蔭(近畿)
→ 詳細はこちらをクリック

予測(東海):センバツ枠3校

予測:東邦常葉大菊川大垣日大

ほぼ決定(2/3)

決勝に進んだ「東邦」、「常葉大菊川」、はどちらも県1位。地域も異なるので順当に選出されると予測。

3校目は?

ベスト4の「大垣日大」と「加藤学園」との比較になってくるが、「加藤学園」が「大垣日大」と比較し、大きく上回る要素も見当たらない。

結果的に優勝校の「東邦」に敗れた「大垣日大」は準優勝の「常葉大菊川」より接戦で敗れている。また、「地域性の優位」もあり、「大垣日大」が選出されると予測。

サプライズがあるとすれば

加藤学園」は、「大垣日大」が県大会で敗れた「中京」(岐阜1位)を、7回コールドで勝利。「中京」戦だけをみれば、「加藤学園」の方が評価が上回る。

昨年も最後の1枠を巡って静岡と岐阜の比較で岐阜(大垣日大)が逆転選出。今回も静岡(加藤学園)と岐阜(大垣日大)の比較。逆転返しの可能性もある。

中京戦 共通の対戦相手

【県大会】
大垣日大|000|003|000| 3
 中京 |001|000|111| 4

【地区大会】
 中京 |000|110|0 | 2
加藤学園|110|022|3 | 9

両校の比較
大垣日大加藤学園
チーム防御率1.041.88
登板人数1人3人
失策65
チーム打率.258.287
得点915
本塁打00
盗塁34
犠打64

北信越地区

秋季大会の結果

決勝 北陸 (福3) 2-1 敦賀気比(福1)
準決勝
ベスト4以上
 北陸 (福3) 4-3 福井商 (福2)
敦賀気比(福1) 3-0 松商学園(長1)
地区大会の詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●北陸5-0 広陵(中国)
〇北陸4‐3 英明(四国)
→ 詳細はこちらをクリック

予測:センバツ枠2枠

予測:北陸敦賀気比

ほぼ確定
  1. 北陸
  2. 敦賀気比

優勝校の「北陸」、準優勝の「敦賀気比」は、同じ福井県となりますので、「地域性の優位」が発動するか?発動したら「松商学園」も対象になります。

しかし、「松商学園」は、優勝校の「北陸」との対戦がなく、「敦賀気比」に敗れていますので、評価が並ぶことはなく、「地域性の優位」は発動せずに、上位2校が順当に選出されると予測。

サプライズがあるとすれば

ベスト4の福井商(福井2位)は、同じ県内、「松商学園」(長野1位)も打力が魅力的だったが、準優勝校の「敦賀気比」との直接対決で敗れている為、サプライズが起きる要素はなし。

近畿地区

秋季大会の結果

決勝大阪桐蔭 (大1) 1-0 報徳学園 (兵1)
準決勝
ベスト4以上
大阪桐蔭 (大1) 5-3 龍谷大平安(京3)
報徳学園 (兵1) 9-5 智辯和歌山(和1)
準々決勝
ベスト8以上
大阪桐蔭 (大1) 9-4 彦根総合(滋1)
報徳学園 (兵1) 9-6 履正社 (大2)
智辯和歌山(和1) 7-0  社  (兵3)
龍谷大平安(京3) 5-0 高田商 (奈2)
地区大会の詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会(優勝)

○大阪桐蔭 6-5 広陵(中国)
○大阪桐蔭 5-4 仙台育英(東北)
〇大阪桐蔭 12-2 クラーク記念国際(北海道)
〇大阪桐蔭 9‐1 東邦(東海)
→ 詳細はこちらをクリック

予測:センバツ枠6枠

予測:大阪桐蔭報徳学園智辯和歌山龍谷大平安彦根総合履正社高田商

ほぼ決定(4/6)
  1. 大阪桐蔭
  2. 報徳学園
  3. 智辯和歌山
  4. 龍谷大平安

優勝校の「大阪桐蔭」(大阪1位)準優勝校の「報徳学園」(兵庫1位)、ベスト4の、「龍谷大平安」(京都3位)、「智辯和歌山」(和歌山県1位)はすべて異なる府県のため、順当に選出されると予測。

5校目以降は?

ベスト4の「智辯和歌山」にコールドで敗れてしまった「」(兵庫3位)は、一歩後退。

優勝した「大阪桐蔭」に敗れた「彦根総合」(滋賀1位)が「地域性の優位」もあり1歩リードしていると予測。

6校目は接戦!

彦根総合」と同様に「地域性の優位」がある「高田商」(奈良2位)だが、2試合で1得点と打線の迫力にやや欠けた。準々決勝で敗れた「龍谷大平安」もベスト4止まりだった。

一方、準優勝校の「報徳学園」に敗れた「履正社」(大阪2位)だが、2試合で打率.369、3本塁打と打撃結果を比較すると「高田商」を大きく上回る。

防御率は「高田商」に分があるものの、「報徳学園」は、ベスト4の「智辯和歌山」からも9得点。「履正社」の投手陣の評価はそこまで下がらないと予測。

結果、打力が評価され、6校目は「履正社」が滑り込むと予測。

明治神宮枠

履正社」と6枠目を競った「高田商」が「地域性の優位」もあり選出されると予測。

サプライズがあるとすれば

夏の地方大会決勝をコロナの影響で、ベストメンバーで臨めなかった「生駒」(奈良ベスト8)が21世紀枠で選出されれば、「高田商」の「地域性の優位」がなくなり、夏の甲子園をコロナの影響で、ベストメンバーで臨めなかった「」が逆転選出の可能性も!

両校の比較
履正社高田商
チーム防御率5.522.50
登板人数5人2人
失策31
チーム打率.369.233
得点161
本塁打30
盗塁10
犠打35

中国・四国地区

秋季大会の結果(中国)

決勝広陵(広1) 13-0 光(山3)
準決勝
ベスト4以上
広陵(広1) 8-6 鳥取城北(鳥1)
光 (山3) 2-1 高川学園(山1)
準々決勝
ベスト8以上
 広陵 (広1) 11-0 宇部鴻城(山2)
 光  (山3) 6-5 創志学園(岡2)
鳥取城北(鳥1) 7-0 おかやま山陽(岡1)
高川学園(山1) 4-0 岡山学芸館(3)
地区大会の進捗状況

→ こちらをクリック

明治神宮大会(準優勝)

●広陵 5-6 大阪桐蔭(近畿)
○広陵 5-0 北陸(北信越)
〇広陵 6-2 東海大菅生(東京)
→ 詳細はこちらをクリック

予測(中国):センバツ枠2枠

予測:広陵鳥取城北

ほぼ確定(1/2)
  1. 広陵

2校目は「」(山口3位)が大敗してしまたっため、ベスト4校との比較になってくる。

高川学園」(山口1位)は準決勝で「」(山口3位)に直接対決で敗れている為、一歩後退。

鳥取城北」は優勝校の「広陵」に8-6で敗れたものの、今大会で唯一「広陵」相手に接戦だった。

結果、「鳥取城北」が「」の評価が上回り、「鳥取城北」が選出されると予測。

」は四国との比較枠で選出となるか?

サプライズがあるとすれば

鳥取城北」と「光」の入れ替わりは想定されるが、サプライズが起きる要素はなし。

秋季大会の結果(四国)

決勝英明 (香1) 5-4 高松商(香2)
準決勝
ベスト4以上
英明 (香1) 4-2 高知(高2)
高松商(香2) 4-1 鳴門(徳1)
準々決勝
ベスト8以上
英明 (香1) 2-0 宇和島東(愛3)
高松商(香2) 3-4 明徳義塾(高1)
高知 (高2) 10-4 今治西(愛1)
鳴門 (徳1) 11-4 済美(愛2)
地区大会の進捗状況

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●英明 3-4 北陸(北信越)
〇英明 10‐7 山梨学院(関東)
→ 詳細はこちらをクリック

予測(比較):センバツ枠3枠

予測:英明高松商高知

ほぼ確定(2/3)
  1. 英明
  2. 高松商

優勝校の「英明」、準優勝の「高松商」は、同じ香川県となりますが、ベスト4の「高知」「鳴門」と評価が並ぶことはないと予測しますので「地域性の優位」は発動せずに、選出されると予測。

3校目は接戦

高知」(高知2位)と「鳴門」(徳島1位)との比較となるが甲乙つけが投手陣の層の厚さで「高知」が評価され選出されると予測。

サプライズがあるとすれば

鳴門」が3校目に選出された際に、「明徳義塾」が「高知」を逆転評価され中国との比較枠に回る可能性も!

両校の比較
高知鳴門
チーム防御率2.333.94
登板人数4人1人
失策42
チーム打率.310.349
得点1912
本塁打01
盗塁101
犠打66

予測(比較):センバツ枠1枠

」(中国準優勝)と「鳴門」(ベスト4)との比較になると予測するが、「広陵」が明治神宮大会で準優勝。中国地区のレベルの高さを証明した。

結果、「」(中国準優勝)が選出されると予測。

サプライズがあるとすれば

」が21世紀枠での選出され、「鳴門」(ベスト4)が比較枠で選出。

九州地区

秋季大会の結果

決勝沖縄尚学(沖1) 8-5 長崎日大(長1)
準決勝
ベスト4以上
沖縄尚学(沖1) 7-6  海星 (長2)
長崎日大(長1) 4-1 大分商 (大2)
準々決勝
ベスト8以上
沖縄尚学(沖1) 3-2 明豊(大1)
長崎日大(長1) 11-4 ウェルネス(沖2)
 海星 (長2) 3-2 西日本短大附(福1)
大分商 (大2) 2-1 東福岡 (福2)
地区大会の大会詳細

→ こちらをクリック

明治神宮大会

●沖縄尚学 4-5 仙台育英(東北)
→ 詳細はこちらをクリック

予測:センバツ枠4枠

予測:沖縄尚学長崎日大海星大分商

優勝校の「沖縄尚学」、準優勝の「長崎日大」は、順当に選出されると予測。

残り2校は逆転選考の可能性も若干ある。

  1. ベスト4:海星(長崎県2位)は優勝校の沖縄尚学相手に9回逆転負け。接戦だったが、「長崎日大」が選出されている為、「地域性」では不利な状況。
  2. ベスト4:大分商(大分県2位)は準優勝校の「長崎日大」に敗戦。県大会で敗れている「明豊」が「沖縄尚学」に接戦だたため逆転現象がおきる可能性も!?
  3. ベスト8:明豊(大分県1位)は県大会で、ベスト8だったが、県大会では、「大分商」に勝利。地区大会では優勝校の沖縄尚学相手に2-3の接戦だった。
  4. ベスト8:福岡県(西日本短大附、東福岡)は、「地域性」の優位性がある。だが、共にベスト4校との直接対決で敗れている為、評価は並ばず「地域性の優位」はないかな?

しかし、「海星」「大分商」両校共に準決勝は接戦だった為、両校が選出されると予測。

サプライズがあるとすれば

今大会で優勝校の「沖縄尚学」と、一番接戦だったのはベスト8の「明豊」。「大分商」が準決勝で大差で敗退したわけではないので、可能性は低いが過去に同県内での逆転現象の例もある為、可能性は捨てきれない。

2002年北信越大会

センバツ出場枠2枠

【地区大会】
決 勝:遊学館 10-3 福井商(福3)
準々決:遊学館 2-1 福井(福1)

【県大会】
準決勝:福井 5-3 福井商

「歴代のサプライズ選考Best3」の記事には入れていませんが、準優勝した「福井商」は落選、ベスト8の「福井」が、ベスト4校をも飛び越えて選出されました。

歴代のサプライズ選考!不可解な選考結果Best3【センバツ高校野球】センバツ出場校発表はいつもドキドキ!だが時に、「なんじゃこりゃー」とジーパン刑事のように叫びたくなる選考も!今回は、21世紀に入っても、「なんじゃこりゃー」と叫んだサプライズ(不可解)選考を紹介!...
秋季大会用の画像
2022年甲子園出場校 ~ 新チームはセンバツに出場できるか!? ~東日本を中心に各都道府県の王者が決定し始めました。今回は、新チームのセンバツに出場の可能性を見ていきます。...
高校野球漫画 監督が主人公編

ラストイニング

【作者】
中原 裕
【原作者】
神尾 龍
【掲載紙】
ビッグコミックスピリッツ
(小学館)
【連載時期】
2004年~2014年
【単行本】
完結44巻

完読!ありがとうございます!

ブログ村に参加しています 応援(クリック)をお願いします
PVアクセスランキング にほんブログ村